スポンサーリンク

「パニガーレV4S」対「RC213V-S」

スポンサーリンク

気になる市販V4の2台。左のDUCATI PANIGALE V4Sは2018年1月25日に撮影、右のHONDA RC213V-Sは2015年9月18日に撮影。共にバレンシア・サーキットにて丸山浩が試乗した。写真はその時の画像を組み合わせた仮想対決CGだ。ドヴィvsマルケス並みの超接近戦である。

新たにV4エンジンとなって生まれ変わった新型パニガーレの試乗会がスペイン・バレンシアサーキットで開催された。試乗インプレッションは本誌最新4月号に掲載しているが、ここでは気になるRC213V-Sとのライバル比較記事を抜粋してお届けしよう。

スポンサーリンク

ホンダ2190万円vsドゥカティ328万円

強烈なパワーが生み出すパフォーマ ンスが印象的だったパニガーレV4。 こうなってくると気になるのは、そのタイムは本当はどれだけ速いのか。実際に数値で検証してみないと分からない。そこで手元に取り出したのは、過去に行ったひとつの走行データ。実は ’15 年の9月半ばに同じここバレンシアで私はホンダRC213V-Sの試乗を行っている。直接対決ではないうえ、季節をはじめ条件が異なっているので、これだけで結論を出すのは早計というものだが、ひとつの参考にはなるはずだ。なにせ、RC213V-SはモトGPワークスマシンのフルレプリカで2190万円の別格 バイク。一方、パニガーレV4Sは328万円とけっして安いとは言えないが、それでも一般市販バイクの範疇だ。この2台を比べるというだけでも面白いぞと、パニガーレV4にも走行データをサンプリングするためにデジスパイスを装着してみたのだ。

モトGPレプリカは伊達じゃない!

はたして、パニガーレV4で走行中に感じていたのは、コーナリング中の安定感の問題。タイムを出そうとスロットルを開けると、どうしてもフロントが浮き気味になっていき、思った走りができない。このあたり、RC213V-Sはさすがというかピタッと安定していたなぁと思い出しながら旋回していた。 RC213V-Sはワークスマシンから譲り受けたシャーシだけに、これはもうどれだけお金をかけているかの差が、そのまま出てしまったという印象で「タイム差はハッキリ出てしまうだろうなぁ」と感じていたのだ。また、エンジンも同じV4でありながらパニガー レV4は超高回転までブン回すことによってパワーを絞り出しきっているという感じだったが、RC213V-Sはもしかしたらまだ余裕があるのではと思わせる面を持っていた。特に下の部分のパワー感についてもRC213V-Sの方がパニガーレV4よりも太かったんじゃなかったかなぁという気がしていた。パニガーレV4が高回転に振ったぶん、そこがRC213V-Sより薄くなったのではと感じたのだ。

何ぃ?! タイムが互角だとぉ?!

だが! ……だがしかしである。走行を終えて、 2台のデータを並べてみて私の印象は一変した。「パニガーレV4は予想以上に実はスゴイのではないか……」と。たしかにベストラップで1秒の差はある。でも、本当はもっと大きな差がついてしまったかなぁと内心では思っていたからだ。データを比べてみると決定的な違いはパワー差によるスト レートでの速度差。最終コーナーからの立ち上がり加速が段違いだ。パニガ ーレV4の最高速は277.61㎞/hと約4㎞/hほどの差がついている。だが、 コーナリングでは思ったよりもいい勝負をしている。良く見ると、やはりハンドリングの確実さからコーナーが重なるセクションではRC213V-Sの方がワンテンポ早く次の行動に移っていっている場面も見受けられる。その積み重ねが最終的なタイムに直結してはいるのだが、ひとつひとつのコーナーで見ればそこで一気に離されるような決定的な違いとはなっていない。マシンの価格差やパニガーレV4が非キット車であることを考えると、かなりいい線で走っていると言えるだろう。これでパニガーレV4の満足いくセッティングに落とし込めればいったい……。データを見るまでは、さすがに2190 万円のRC213V-Sには歯が立たなかったか……との思いが強かったが、いやいやどうして。ここまでの性能を持つマシンが店頭で買える時代になったのにはビックリだ。

 

計測結果

パニガーレSでベストタイムを記録したのはキットパーツ非装着車。ちなみにキットパーツ装着時のベストは1分47秒954。ただ最高速では281.87㎞/hで、RC213V-S(キット装着)の最速282.66㎞/hと1㎞/hも変わらなかった。 RC213V-S ではキットパーツを付けた状態がベスト。コケるの上等で攻めれば、まだタイムは縮められそうだったが、2190万円のバイクでそれはできない(笑)。でも、そこはパニガーレも同じだった。

タイム測定には、おなじみデジスパイス3(4万3200円 )を使用。マルチGNSSによる位置測定ロガーと世界中のサーキットを網羅した解析ソフトで走りの研究はおまかせ。

記事訂正のお知らせ

ヤングマシン2018年4月号掲載の“パニガーレV4S全開試乗”インプレ記事(P58〜67)の中で誤りがございました。読者の皆様ならびに関係者各位には、誠にご迷惑をおかけいたしました。謹んでお詫び申し上げます。

訂正記事へ

Source: WEBヤングマシン

スポンサーリンク
スポンサーリンク